トップページ
トップページ
薬 の 基 礎 知 識 そ の 1
食  前: 食事の30分前から60分前 ⇒ 食欲増進剤や吐き気止め等

食直後: 食事のすぐ後          ⇒ 胃の影響を与えやすい薬(アスピリンなど)

食  後: 食事してから30分以内    ⇒ 多くの薬がこれに当ります。

食  間: 食事のおよそ2時間後    ⇒ 漢方薬などは、薬の吸収を良くするため食間に
                          服用します。

寝る前: 就寝のおよそ30分前     ⇒ 排便を促す便秘薬など

頓  服: 必要に応じて服用      ⇒ 症状のひどいときに一時的に改善する薬

                          解熱剤・鎮痛剤・下剤・鎮咳剤など
                        ☆すぐに効かないからと言って何回も飲むのは危険です。

★ コップいっぱいの水かぬるま湯で飲みましょう。
 
  ◎ 飲む水の量が少ないと、薬が食道にひっかかって食道炎や潰瘍を作る事があります。

  ◎ 水も薬のうちで、薬の吸収を良くします。ただしアルカリイオン水やミネラル成分の多い
     水は薬に影響を与える事があるので、避けてください。

  ◎ 風邪薬、鎮痛剤はお茶やコーヒー、ドリンク剤等のカフェインで吸収が良くなりすぎて

     副作用を起こしやすくなります。

  ◎ アルコール飲料は多くの薬の作用に影響を与えます。


★ からだを起こして飲みましょう!

  ◎ 寝たままで飲むと、薬がのどや食道に長くとどまり、潰瘍の原因になります。

  ◎ 寝たままで飲むと、食道通過に時間がかかり、薬の効果が遅くなります。


     
 ▲1〜2分は起きたままでいましょう。
薬の服用時間
薬の服用時間